PHPとは?特徴や出来ることを一から徹底解説!

こんにちは!ともきです!

 

 

PHPという言葉を知っていますか?

 

 

 

「聞いたことはあるけど、詳しくは知らない」

という方もいるでしょう。

 

 

簡単に説明すると、

 

 

PHPプログラミング言語の中でも

特に人気があり、初心者向け

言われているプログラミング言語です。

 

 

では、

 

 

PHPの特徴とは一体なんでしょうか?

PHPを使って何ができるのでしょうか?

 

 

ということで、今回は

PHP」について、

一つ一つ丁寧に解説していきます。

 

 

PHPとは

f:id:utomo358:20180613014010p:plain

PHPとは、動的にWebページを

生産することができる

サーバーサイドのスクリプト言語です。

 

簡単に言うと、

 

ブログやショッピングサイト、SNSなどの

Webサイトを作成するのに

便利なプログラミング言語ということです。

 

PHPの特徴

・文法がわかりやすい

PHPの文法はシンプルなため、

他言語よりも比較的簡単に

文法を覚えることができます。

 

・データベースとの連携

PHPを使うと、MySQLPostgreSQLなどの

データベースと連携したWebサイトを

簡単に作ることができます。

 

・Web開発に特化している

PHPは、個人のホームページの公開や

アクセス解析をするための簡易ツールとして

作られたので、Web開発に特化しています。 

 

・HTMLと混在して書くことができる

HTMLで記述された内容の中に

PHPのプログラムを

記述することができます。

 

これにより、PHPとHTMLを

別々のファイルでなく、

1つのファイルにまとめられるので、

とても便利です。

 

・クライアントから送信された情報を受け取れる

HTMLのフォームで

ユーザーが入力した情報を

PHPを用いて受け取ることができます。

 

 

PHPでできること

・Webアプリケーション開発

問い合わせフォーム

掲示

ショッピングカート

アクセスカウンタ

ウェブログ

 

WordPressのカスタマイズ

 

 

PHPが苦手なこと

・大量のデータ計算

・高密度な図形描画

 

 PHPは上記に挙げたような

コンピュータに負担がかかる作業は

苦手です。

 

できないということはありませんが、

処理速度が遅かったりします。

 

 

 

PHPの仕組み

先程、PHP

スクリプト言語であることを

お伝えしました。

 

このスクリプト言語というのは、

プログラミング言語の一種であり、 

 

クライアントサイドとサーバーサイドの

2つに分けることができます。

 

クライアントサイド

クライアントとは、

サービスを利用している

ユーザーのことを言います。

 

そして、ユーザーがWebを見るときには

ブラウザを使いますよね。

 

つまり、クライアントサイドとは

「ユーザーのブラウザ上で動作する全てのもの」

を指します。

 

例として、

HTMLやCSSJavaScript

などが挙げられます。

 

サーバーサイド

サーバーサイドとは、

HTMLファイルやCSSファイルを保存している

「Webサーバー」のことを指します。

 

 

PHPがプログラミング初心者向きな理由

PHPは文法がシンプルなため、躓きにくく、

他のプログラミング言語に比べて、

楽に文法を覚えることができます。 

 

また、習得するまでの時間が

他言語より短く、初心者が勉強するには

打って付けの言語であると言えます。

 

 

まとめ

PHPはWebアプリ開発に向いている

プログラミング言語です。

 

PHPを覚えると、

WebページやWebサービス

作ることができるようになります。

 

PHP初心者にオススメしたい

プログラミン言語なので、

 

もし、プログラミングを勉強してみたいと

思っているのであれば、

初めにPHPを勉強することを強く薦めます。

 

 

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございました。